東方神起バンドメンバーインタビュー③

みなさん、こんにちは*˙︶˙*)ノ”

東方神起バンドメンバーのインタビュー

最後は、こんちゃんとかきやん!

 

東方神起に関わる部分だけ抜粋させていただきましたm(__)m

東方神起バンドを支える職人! ギタリスト・近田潔人の飽くなき探求心

ギタリストとして東方神起を支える近田潔人の言葉は、ひとつひとつに確かな経験が相まって、ずっしりと重い。職人芸ともいえるバンドでのサポート術を明かしてもらった。

ギタリストとしてテンションが上がる曲は『DIRT

今回のツアーはいかがでしたか?

ライブの曲間に映った、映画仕立ての映像が気に入っています。東方神起が演じたMr.TOMORROWは、スーパーマンではないけど背中を押してくれるような存在ですごく象徴的なんです。チャンミンは、「僕らの音楽がそういう存在になれれば…」と言っていたんですけど、音楽だけでなく彼らのやっていること全てがポンッと背中を押してくれるようで、Mr.TOMORROWと東方神起のそういうところがリンクしていると思いました。

あとは、チャンミンとふたりでギターを弾いたことが印象的でしたね。ファンクラブイベントでチャンミンのアコースティック曲をふたりでやって以来だったので久しぶりだったんです。

チャンミンさんの希望だったんですか?

曲自体は、制作の方がセットリストに入れていたんです。本人は少しギターからは離れていたんじゃないかな。でも、すごく上手。昔は、楽屋まで習いに来ることもあってレッスンをやったこともありました。耳がすごく良いので、ひとりで練習して弾けちゃうから教えることがないんですよ(笑)。

東方神起バンドのメンバーになったきっかけは?

付き合いの長いavexのディレクターさんや、20年くらい一緒に仕事をしているバンドマスターの柿崎(洋一郎)さんたちとのつながりですね。初めて参加したツアーは「TOHOSHINKI 4 th LIVE TOUR 2009 ~The Secret Code~」です。

思い入れのある東方神起の楽曲はありますか?

すごくいっぱいありますが、東方神起バンドでレコーディングした『Begin ~Again Version~』(2017年)ですね。このMVに参加した時、久しぶりに東方神起に会ったんですけど、彼らは淡々としながらも「始まるな」という感じがありました。

ギタリストから見て、東方神起の音楽の魅力は?

カッコいいですよ! ギターのフレーズでガンガン演奏する曲が多くて、レコーディングに参加した楽曲『DIRT』は、アコースティックギターをスライドしてガーッと弾いて始まるんですけど、ライブでやるとギタリストにとってはすごくテンションが上がりますね(笑)。

個人の技術が高い人たちが集結した東方神起チームは特別

長年サポートをされていると、おふたりの変化を感じると思います。今回のツアーで感じたことはありましたか?

どんどん大人になっていくな、と思いましたね。昔の映像を見ると本当にかわいくて(笑)。いろいろなことを経験して、パフォーマンスも自分発信でディレクションしながら進めていますし、頼もしいです。

おふたりはどんな人ですか?

僕らと接している時もお客さんの前でMCをしている時も何も変わりません。そういうふうに裏表がなくて、ウソがないということはファンの方にとってうれしいことだ思うんですよね。すごく良い人たちです(笑)。彼らに会った人はみんな好きになると思います。スタッフや僕ら演者もファンであり、信頼し合っている仲間でもある。そういうお互いの関係性がしっかり見えますね。バンドやダンサー、スタッフのことも大事にしてくれているし、そういう気持ちでつながれている部分が大きいです。人気がある理由がわかりますね。

そういう関係性がステージにも影響しますよね。

もちろんそうです。それでしかないかもしれないです。個人の技術が高い人たちが集まっているけど、それがひとつのチームになるということは特別なモノがあると思います。

引用元:livedoorNEWS

 

東方神起バンドのおやびん 日本を代表するソウル・マエストロ、柿崎洋一郎が描くライブの音像

東方神起のバンドマスターであり、40年にもわたり日本の音楽シーンを支えてきた大ベテランのキーボードプレーヤー・柿崎洋一郎。その穏やかなオーラと人柄に、緊張しながら臨んだが、一瞬でこちらの気も抜けてしまった。彼が握るライブサウンドの秘密に迫る。

過去最多公演数のツアーを終えるも「あと12公演くらいやりたかった」

今回のツアーはいかがでしたか?

ツアーをやるごとに舞台装置もすごくなっていくし、東方神起とダンサーのパフォーマンスもどんどん上がっていっていますね。東方神起のふたりは、より一層気持ちが入ったツアーだったんじゃないかな、と思います。
今回のツアーは結構な本数があったんですけど、「最初はまだ◯公演目だ」と思っていたのに、後半になるにつれて「もう終わっちゃうの?」と。あっという間でしたね。できればあと12公演くらいやりたかったです(笑)。

東方神起バンドのメンバーになったきっかけは?

倖田來未さんの仕事をオファーしていただいたCD制作のディレクターさんが、東方神起も担当していて。東方神起にバンドを付けることになった時に声を掛けていただきました。

他のバンドメンバーは柿崎さんが声を掛けていったんですか?

最初は、バンドをブッキングしている会社を通してメンバーをそろえました。翌年からギターとベースを代えることになり、近田(潔人)くんと須長(和広)くんに。ドラムはスケジュールの都合でメンバーを代えることになり、波田野哲也(以下、テツ)が参加するようになりました。

好きな東方神起の楽曲は何ですか?

たくさんあるんですけど…『Duet』『B.U.T(BE-AU-TY)』とか。『Time Works Wonders -Two of Us ver.-』や、ユンホのソロ曲『Honey Funny Bunny』は特に好きです。

東方神起の音楽の魅力は何ですか?

人柄が音楽全てに表れているんですけど、まずは歌が好きなこと。「こんな歌を歌いたい」「あんな歌を歌いたい」という話をよくするんですけど、「もっと歌がうまくなりたい」とも言っていますね。たくさんのファンがいても、てんぐにならず、前向きでいるところがパフォーマンスに表れていて魅力を感じます。

 

東方神起バンドのメンバーは「全員、頑固!」

東方神起のおふたりはどんな人ですか?

ユンホは一生懸命に頑張る、チャンミンは要領良く頑張るタイプ。ユンホは人懐っこくてよく話しますね。チャンミンは人懐っこい一面もあるけど、自分の体調に正直です(笑)。
ふたりとも、誰かが調子が悪いとすぐに気付いて声を掛けるし、すごく気遣いができますね。

バンドマスターとして意識していることはありますか?

東方神起の場合、CD音源はコンピュータで打ち込んだ音が多いんですけど、僕がライブでやりたいことはCD音源を再現することではないんです。生音を入れることでライブ感が出るようにしたいと思っています。

音源にはない楽器を足されているんですよね。

そうですね。だから「僕はどうやって演奏したら良いんだろう」と思うこともあります(笑)。それはそれで残しておいて、違う音を足す。リハーサルをやってみて、打ち込みの音がいらないなら生音だけでやる。そういう作業をしています。

引用元:livedoorNEWS

 

こんちゃんといえば、チャンミンのギターの先生🎸

再始動後、ご褒美にギターを買った事をコンちゃんに報告するチャンミン💓

かわいかったなぁ

楽屋まで習いに行くほど熱心に練習してたのね✨

兵役中もギター持ってる姿を見かけたし、除隊後も自宅でもギターを習ったり…

私たちファンを楽しませるために、沢山努力してくれたチャンミン

明日コンでのソロでは、少し緊張している感じが伝わってきたけどチャンミンの優しい歌声とギターで、とても素敵なステージでした(*´˘`*)

またどこかでギター演奏、披露してくれるかな

 

 

ユノとかきやんのコンビ、大好きです!

2人ともおだやかであったかくて、見ているこっちもほっこり(*´∇`*)

 

かきやんは、一時痩せてたけどちょっとリバウンドしたかな(^◇^;)

ユノがお腹ぽんぽんできなくなるのでそのままでいいですよ~(▼∀▼)

 

「ユノは一生懸命頑張る」「チャンミンは要領よくがんばる」

うん、なんかわかるような気がする(* ´艸`)

 

コンピューターで打ち込んだ音が多い東方神起の曲にどう生音を入れていくか、という話もとても興味ぶかかった!

バンドの方やダンサーさん達がどうやってステージを作っているのかという部分も、オフショで見てみたいなと思いました(^^)

 

東方神起のダンサーさんやバンドメンバーの皆さんは、他にも沢山の大物アーティストの方達をサポートされている中、ユノとチャンミンを愛し大切にしてくださってるのが本当にうれしいですね~

今回のインタビューでも、素顔の2人のお話がたくさん聞けて楽しかった!

自分の体調に正直なチャンミンの姿、見てみたい( ̄▼ ̄)

貴重な情報ありがとうございました☺️

 


東方神起ランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です