東方神起 日本デビュー14周年!

4月27日は、東方神起の日本デビュー記念日👏👏👏!

2005年4月27日に「Stay With Me Tonight」でデビューしてから早14年…

日本に来てくれてありがとう。

東方神起でいてくれてありがとう。

これからもずっと一緒に年をとっていこうね✨✨✨

 

 

ユノとチャンミンから、ビギストへのメッセージが(*´ε`*)💓

Bigeast

ビギイベの時に撮影したのかな

夏仕様の衣装は新曲?エイネ?

15周年に向けて、まだ決まってないけどファンに恩返しできるイベントやライブとかやっていきたいと!!!

楽しみ楽しみ~♬

 

作詞家のH.U.Bさんもインスタでお祝いしてくれてます(^^)

_h.u.b._

#tvxq14thanniversaryinjapan
#東方神起日本デビュー14周年
#東方神起 #tvxq #tohoshinki #bigeast

これからも素敵な歌をよろしくお願いしますm(__)m

 

そして!4月27日はTBちゃんの誕生日でもあります🎂🎂🎂

東方神起10周年の2015年生まれだから、今年で4歳!

レルヒさんもTBちゃんを祝福(*^^*)

レルヒさん、すっかりトンペンの仲間入り(笑)

TB オメデトー!!!

 

韓国では、東方神起が「アイドルの模範」との記事が(*´▽`*)!

東方神起、芸能活動も本格化。「第2世代のアイドル」の模範

歌手としても活動-成果立地戦績
「水」の勝利-パク・ユチョンなどの対照

[イーデイリースターinキムウング記者]グループ東方神起が芸能を通じてお茶の間占領に乗り出す。今年デビュー15周年で、音楽的にもまだ活発な活動を繰り広げている東方神起の領域拡張は「第2世代のアイドル」としてビッグバンの勝利、JYJパク・ユチョンが社会的物議を論議の中心に立った状況でコントラストを成している。

東方神起ユノ・ユンホは来る28日初放送されるKBS2「社長の耳はロバの耳」(以下「ロバの耳」)にレギュラー出演する。昨年9月に種訪韓MBCアンリアルバラエティー芸能「二ニア – 初めて会った世界」以来7ヶ月ぶりに芸能活動を再開する。ユンホは、当初「ロバの耳」に単発出演をする予定だったが、製作陣の心をひきつけて固定出演提案まで受けたことが伝わって放送に対する期待感を高めている。

チャンミンは今年の下半期放送予定で録画を開始したJTBC芸能」フォームのフォーム」(仮題)に出演する。チャンミンのTV芸能固定出演は軍隊除隊後初めてだ。過去2015年KBS2 4部作「ドキドキインドの ‘以後4年ぶりの芸能固定出演だ。過去2017年相次いで兵役を終えた後、音楽、公演活動を活発に展開してきた東方神起二人のメンバーユノとチャンミンは異なる芸能プログラムを通じて大衆との接点を広げるための歩みを始める。

最近の勝利とパク・ユチョンなどが社会的物議をかもしてそれぞれ所属会社との契約になるもちろん芸能界退出まで取り上げながら「第2世代のアイドルの没落」という表現まで出てきている状況だ。東方神起が地位を強固にし、「第2世代のアイドル」のプライド役割をしてくれているという評価だ。

「第2世代のアイドル」は、東方神起とビッグバン、SS501などが代表的なグループとして挙げられる。東方神起はパク・ユチョンとキム・ジェジュン、キム・ジュンスが脱退してJYJとして活動をして2人組で再編された。しかし、東方神起はユノとチャンミン二人だけで旺盛な活動を広げて、国内外で大きな成果をもたらした。だけでなく、メンバーそれぞれも徹底した自己管理で個人論議が発生隙を与えなかった。

過去2013年に韓国の歌手初の日本5大ドームツアーと海外歌手初の日本日産スタジアム公演を行った。2014年と2015年の日本ゴールドディスク大賞で2年連続5冠も達成した。軍隊全域後、2017年に日本で海外アーティスト初の3回目5大ドームツアー、日本公演史上初の日産スタジアム3日の公演を成功させたのはもちろん、東方神起シングルツアー史上最大規模の観客動員記録も立てた。日本経済新聞日経の大衆文化専門月刊誌「日経エンタテインメント」は、昨年12月号で発砲した「2018年のコンサート動員力ランキングトップ50」で東方神起を現地および海外の歌手あわせて1位に放り出された。

東方神起はまた、昨年3月に緑の傘子供財団ラジオ公益キャンペーンの声の才能寄付をしたことをはじめ、寄付、公益活動にも着実に乗り出している。チャンミンは昨年5月、緑の傘子供財団1億ウォン以上の高額寄付者の集まりである「グリーンノーブルクラブ」に名前を上げ、同年7月、ソウルの住宅福祉センター協会に猛暑脆弱階層のため5000万ウォンを寄付した。ユノ・ユンホは最近、江原山火事被害の救済寄付で3000万ウォンを寄託した。

大衆文化評論家のイ・ジェウォン梨花通信メディア研究所研究委員は「アイドルグループのメンバーたちが若い年齢でデビューしてスターになると誘惑に見舞われることが多いが、東方神起二人のメンバーは、その状況でも中心をよくつかんで自己管理を徹底したのが成果との評価で示している」とし「第2世代のアイドルグループは、現在のアイドルグループ熱風を先頭で導いたとすることができるが、その中で東方神起は、後輩たちに一つのロールモデルになるには十分だ」と評価した。

引用元:daum

 

長い間スーパースターでいるには、私たちには想像もできない苦労や犠牲にしてきたことも多かったでしょう…

それでも自分の立場を理解し真面目に誠実に活動してきたからこそ、これだけ沢山の人に愛され続けているんだよね(*´Д`)

何年経っても謙虚で感謝の気持ちを忘れないユノとチャンミン✨✨✨

そんな2人のファンでいることが誇りです💖💖💖

 


東方神起ランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です